Jリーグの槙野智章について

槙野智章は、1987年5月11日に生まれて、広島県広島市出身のプロサッカー選手であります。今はJリーグ・浦和レッドダイヤモンズに所属していて、ポジションはディフェンダーであります。プロ入り前、サッカーファンであった父と、既にサッカーを始めていた2人の兄の影響で小学1年生からサッカーを始めました。

槙野智章

「一言で言うとファイター」、「DFらしいDF」という評価があります。コーチングに優れ、高い身体能力と闘争心を持って、1対1の局面での強さに定評があります。また、得点への意欲が非常に高いのも槙野智章の特徴です。フリーキック、ペナルティキックなどのプレースキッカーも務めておいて、特にFKは高い精度を持ちます。PKにおいては、後ろ向きの状態から反転してキックを放つという独特の蹴り方を行います。

2006年に柏木、橋内優也、趙佑鎮と共にサンフレッチェ広島のトップチームに昇格しました。2007年8月にダリオ・ダバツおよび盛田剛平が負傷したため先発メンバーに抜擢され、以降レギュラーとして定着しました。2010年12月、ドイツへ渡って、ボルシア・ドルトムントとホッフェンハイムの練習に参加しました。2012年1月11日、出場機会を求めて、広島時代の恩師であるミハイロ・ペトロヴィッチが監督に就任した浦和レッズへの1年間の期限付き移籍が決定しました。2012年12月4日、2013年シーズンより浦和への完全移籍加入が発表されました。

槙野智章-1

(Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズ)浦和レッズユニフォームを激安にお求め頂きたい方にお勧めです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です