長崎は選手を入れ替わる

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。

昨季は長崎は6位に入りJ1昇格プレーオフ進出を果たした。最終的には、福岡が昇格を勝ち取る。

1トップのい・ヨンジェ、上形洋介が退団し、代わりに永井龍とロドリゴが新たに加わった。彼らがいかに早くチームに馴染めるかが重要となるが、シャドーの梶川諒太らの奮起も求められる。そして、サイド攻撃にも磨きをかけたいところだ。

スーパーな選手がいるわけではないが、チーム全体が目指すサッカーを共有できており、集団としての強さが際立っている。高木監督の手腕は評価されるべきで、継続したチーム作りがしっかりと強化に結びついている。

昇格プレーオフを狙えるだけの力はあるが、一歩間違えれば下位に転落する危険もある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です