ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム 神戸開港150年記念レプリカ #10番 ルーカス・ポドルスキ

フィールドプレーヤーは「神戸市民の花」あじさいをモチーフにしたピンクと紫を基調としたデザインです。あじさいは六甲山系に幅広く自生しており、美しく繊細な淡紫色と迫力ある花のボリュームで親しまれています。襟、袖、脇部分には1993年より神戸市と姉妹都市提携を結ぶバルセロナ市の温暖な気候、地中海をイメージしたカラー(青色)を採り入れています。サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。08311731708311

神戸開港について】
神戸港は、兵庫県神戸市にある港湾で、日本の主要な国際貿易港(五大港)の一つで、スーパー中枢港湾の指定を大阪港と共に受けている。1868年1月1日(慶応3年12月7日)に開港しました。現在の日本三大旅客港の一つです。

【10番選手:ポルディ
ルーカス・ポドルスキ(本名 : ルーカス・ヨーゼフ・ポドルスキ)は1985年6月4日 に生まれたサッカー選手です。ポーランド・グリヴィツェ出身のポーランド系ドイツ人で、現在、Jリーグ・ヴィッセル神戸に所属しています。元ドイツ代表。ポジションは主にフォワードを務めるが、サイドハーフやトップ下としてもプレーします。

ユニフォームを購入したい方は、ここをクリックして注文します

浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#30 興梠慎三

2017年4月7日、興梠慎三が第6節のベガルタ仙台戦では今季初のハットトリックを決めました。5月12日、4月に行われた5試合のうち、5得点をあげて月間MVPを受賞しました。今日は、浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#30 興梠慎三を紹介いたします。

興梠 慎三(こうろき しんぞう、1986年7月31日 – )は、宮崎県宮崎市出身のサッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはフォワード(FW)。興梠慎三の背番号が30です。

浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖(1st)はクラブ設立25周年を表す“25”をローマ数字“XXV”で表現した大胆なグラフィックを採用しました。それぞれのピンストライプの束は12本で形成されており、チームワークやファン・サポーターとの結束を表しています。

2017 ホーム ユニフォームが中央の大きなダイヤモンドの中に縦に描かれている25本のストライプもまた25周年を表現し、太さの違うピンストライプの先端部分を鋭く描く事で、流れる様なスピード感と躍動感をイメージしました。

ユニフォームのメーカーブランドは前続き「ナイキ」、スポンサーが、胸の「ポラス」、パンツの「DHLジャパン」が継続。「三菱自動車工業」は背中上部から袖へ移り、背中上部に「三菱重工業」、背中下部には「日本KFCホールディングス」と新たに契約を結んでいます。

浦和レッズ ユニフォームのホームのパンツは白色、ソックスは黒。

f17snk0080

浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#30 興梠慎三 絶賛販売!

愛媛FCの豊島吉博代表取締役社長が退任する

shibutyo-1

名前 : 豊島 吉博(とよしま よしひろ)
生年月日 : 1951年2月27日
出身地 : 愛媛県
卒業高校 : 愛媛県立松山東高等学校
卒業大学 : 神奈川大学法学部
修了大学院 :
現在の役職 : 株式会社愛媛FC 代表取締役社長

19日、開催された臨時取締役会において、2月24日付で豊島吉博代表取締役社長(65)が任期満了で退任し、後任に村上忠氏(61)が就任することが内定したと発表した。株式会社東洋印刷の代表取締役社長とニンジニアネットワーク株式会社の代表取締役社長も務める村上氏。記者会見は2月24日以降に実施する予定となっている。

2015年3月から株式会社愛媛FC 代表取締役社長にとって、豊島 吉博社長はずっと愛媛FCのために、一所懸命に勤めています。愛媛FC公式サイトを通じて、豊島社長はこの間のクラブ発展とか、クラブ成績などを話した。そして、クラブの未来も望んでいる。

愛媛FCを応援するファンたちはこちらへ愛媛FC ユニフォームを購入しましょう。

年間表彰式「2016 Jリーグアウォーズ」をBSスカパーで生放送

年間表彰式「2016 Jリーグアウォーズ」をBSスカパーで生放送

Jリーグは10日、12月20日(火) に横浜アリーナで開催する年間表彰式「2016 Jリーグアウォーズ」をBSスカパー!で生放送することを発表しました。

明治安田生命J1リーグ 優勝クラブ監督・選手、JリーグYBCルヴァンカップ優勝クラブ監督・選手、各賞受賞者、そしてファン・サポーターが集い開催される、年に一度の盛大な年間表彰式である「Jリーグアウォーズ」をJリーグオフィシャルブロードキャスティングパートナーであるスカパーJSAT株式会社が生放送いたします。

Jリーグ ユニフォーム 2016シーズン満載中です。価格激安、品質保証、種類豊富!

【2016 Jリーグアウォーズ TV放送】
■番組タイトル:「2016 Jリーグアウォーズ」
■放送日時:2016年12月20日(火)18:20~21:00
■放送チャンネル:BSスカパー!(BS241/Ch.585)

阿部 10年ぶり国内タイトルを手にした

20161016-01724964-nksports-000-2-view阿部、肋骨骨折を押してから、浦和レッズに参加して、今度は初めて国内タイトルを手にしました。
浦和レッズが10年ぶり国内タイトルを手にしました。ここ数年、リーグ戦、天皇杯の優勝を懸けた大一番で敗れ続けてきた因縁の相手、G大阪との決勝戦は1-1のまま延長戦、さらにはPK戦にもつれ込んでいました。「勝負弱い」とやゆされ続けてきたクラブには分が悪い展開にも見えたが、PK戦では主将MF阿部勇樹(35)を含めた5人全員が成功しました。GK西川周作(30)が、G大阪4人目のFW呉屋のキックを止め、ついに歓喜の瞬間を迎えました。
阿部は移籍一年目の07年にACLを制しているが、リーグ、ルヴァン杯、天皇杯の優勝経験はありませんでした。1日のG大阪戦で遠藤に背中を蹴られて肋骨を骨折してしまいました。今度のG大阪戦で、PK戦までも連れて、最後優勝になってしまいました。主将として優勝杯を掲げ「想像よりカップが重く、肋骨がピキッときた」と笑っていました。

Jリーグ最新試合ニュース

Jリーグ試合ニュース

 今回はJリーグの最近の試合ニュースを紹介します。

9月10日に神戸が磐田との乱戦を制して4連勝を勝ち取ります。先制を許したが、ペドロジュニオールとレアンドロが高い個人技を発揮し、ともに2ゴールを得りました。試合終了間際の決勝点はレアンドロがロングパスを頭で流し込みました。磐田は2点差を追い付く粘りも及ばなりませんでした。

鹿島は9月10日に行ったリーグ戦で完敗しました。柏に与えた2得点は、ともに相手のドリブルに対応できなかった結果でした。試合後にはサポーターからブーイングが浴びせられた。第2ステージでは厳しい戦いを強いられているが、指揮官は「課題を改善して、切り替えてやっていきたい」と努めて前を向います。

9月10日に、浦和は3連敗を免れました。第1ステージは、終盤の3連敗で優勝を逃す苦い経験をしただけに、「きょうの試合は重要だった。こういう状況で、しっかり結果を出してくれたことに満足している」とペトロビッチ監督は安堵の表情で言いました。堅守の鳥栖に先制されると難しい展開になるのは目に見えていた中で、効いたのが前半41分の先制点を勝ち取ります。また、長いボールで相手を押し下げ、右サイドで関根が勝負しました。森脇-武藤-ズラタンと素早くつなぎ、宇賀神が決めました。そして、2点目もアシストした関根は「先制点はいい形。調子の良かった鳥栖に何もさせなかった」と胸を張っていいました。

Jリーグ最新情報

Jleague2015Jリーグ最新情報

9月10日 「日刊スポーツ」によると、Jリーグの再登場するために、来シーズンからJリーグ中継ボーナスは大幅に値上がりし、優勝したチームが10億円の巨額の賞金を獲得できます。

今年の7月20日、Jリーグは世界最大規模のスポーツ電子デジタル集団「Performグループ」傘下のスポーツ放送会社「DAZN」と放送権の契約を締結すると発表しました。未来の10年間中継料金は約2100億円で、Jリーグ史上最高を創造しました。この数はJリーグにとっては刺激作用があります。

Jリーグは中国プレミアリーグの足音を試みて追いかけます。巨額の賞金かもしれない、多くの企業や商業の有力者はサッカーに投資します。現在の国際サッカー界の発展モードを見て、プレミアリーグは最も成功しました。 Jリーグはプレミアを学ぶことを望んで、中国プレミアリーグを追いかけて、金の力で大物を惹き、チームの競技力を向上します。結局、ACLに惨敗し、Jリーグが分かって、優秀な外部からの援助がレベルを上げるの正しい通り道であります。中国プレミアリーグのように。

Jリーグの槙野智章について

槙野智章は、1987年5月11日に生まれて、広島県広島市出身のプロサッカー選手であります。今はJリーグ・浦和レッドダイヤモンズに所属していて、ポジションはディフェンダーであります。プロ入り前、サッカーファンであった父と、既にサッカーを始めていた2人の兄の影響で小学1年生からサッカーを始めました。

槙野智章

「一言で言うとファイター」、「DFらしいDF」という評価があります。コーチングに優れ、高い身体能力と闘争心を持って、1対1の局面での強さに定評があります。また、得点への意欲が非常に高いのも槙野智章の特徴です。フリーキック、ペナルティキックなどのプレースキッカーも務めておいて、特にFKは高い精度を持ちます。PKにおいては、後ろ向きの状態から反転してキックを放つという独特の蹴り方を行います。

2006年に柏木、橋内優也、趙佑鎮と共にサンフレッチェ広島のトップチームに昇格しました。2007年8月にダリオ・ダバツおよび盛田剛平が負傷したため先発メンバーに抜擢され、以降レギュラーとして定着しました。2010年12月、ドイツへ渡って、ボルシア・ドルトムントとホッフェンハイムの練習に参加しました。2012年1月11日、出場機会を求めて、広島時代の恩師であるミハイロ・ペトロヴィッチが監督に就任した浦和レッズへの1年間の期限付き移籍が決定しました。2012年12月4日、2013年シーズンより浦和への完全移籍加入が発表されました。

槙野智章-1

(Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズ)浦和レッズユニフォームを激安にお求め頂きたい方にお勧めです!

浦和レッズ 2016 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

浦和レッズ 2016 ユニフォーム アウェイはボタン付きのクルーネックタイプのクラシカルなデザインを採用しました。

新ユニフォームは首元や袖にはクラブカラーである赤のラインで繋ぐことで躍動する浦和レッズの魂を表しました。

浦和レッズ ユニフォームの背面下部の裾部分にはクラブの誇りである“We are REDS!”の文字が入りました。

浦和レッズ 2016 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

横浜Fマリノス 2016 横浜開港記念特別ユニフォーム

2016シーズン横浜F・マリノスのユニフォームは発表しました。6月は横浜国際貿易港として開港の月のため、記念版のユニフォームをデザインされました。

記念ユニフォームは青基調に赤とホワイトの襷模様を採用します。横浜Fマリノス レプリカ ユニフォームの胸には「YOKOHAMA」の文字があります。選手着用のユニフォームは「NISSAN」の文字となっています。

横浜Fマリノス 2016 横浜開港記念特別ユニフォーム