Jリーグ最新試合ニュース

Jリーグ試合ニュース

 今回はJリーグの最近の試合ニュースを紹介します。

9月10日に神戸が磐田との乱戦を制して4連勝を勝ち取ります。先制を許したが、ペドロジュニオールとレアンドロが高い個人技を発揮し、ともに2ゴールを得りました。試合終了間際の決勝点はレアンドロがロングパスを頭で流し込みました。磐田は2点差を追い付く粘りも及ばなりませんでした。

鹿島は9月10日に行ったリーグ戦で完敗しました。柏に与えた2得点は、ともに相手のドリブルに対応できなかった結果でした。試合後にはサポーターからブーイングが浴びせられた。第2ステージでは厳しい戦いを強いられているが、指揮官は「課題を改善して、切り替えてやっていきたい」と努めて前を向います。

9月10日に、浦和は3連敗を免れました。第1ステージは、終盤の3連敗で優勝を逃す苦い経験をしただけに、「きょうの試合は重要だった。こういう状況で、しっかり結果を出してくれたことに満足している」とペトロビッチ監督は安堵の表情で言いました。堅守の鳥栖に先制されると難しい展開になるのは目に見えていた中で、効いたのが前半41分の先制点を勝ち取ります。また、長いボールで相手を押し下げ、右サイドで関根が勝負しました。森脇-武藤-ズラタンと素早くつなぎ、宇賀神が決めました。そして、2点目もアシストした関根は「先制点はいい形。調子の良かった鳥栖に何もさせなかった」と胸を張っていいました。

Jリーグ最新情報

Jleague2015Jリーグ最新情報

9月10日 「日刊スポーツ」によると、Jリーグの再登場するために、来シーズンからJリーグ中継ボーナスは大幅に値上がりし、優勝したチームが10億円の巨額の賞金を獲得できます。

今年の7月20日、Jリーグは世界最大規模のスポーツ電子デジタル集団「Performグループ」傘下のスポーツ放送会社「DAZN」と放送権の契約を締結すると発表しました。未来の10年間中継料金は約2100億円で、Jリーグ史上最高を創造しました。この数はJリーグにとっては刺激作用があります。

Jリーグは中国プレミアリーグの足音を試みて追いかけます。巨額の賞金かもしれない、多くの企業や商業の有力者はサッカーに投資します。現在の国際サッカー界の発展モードを見て、プレミアリーグは最も成功しました。 Jリーグはプレミアを学ぶことを望んで、中国プレミアリーグを追いかけて、金の力で大物を惹き、チームの競技力を向上します。結局、ACLに惨敗し、Jリーグが分かって、優秀な外部からの援助がレベルを上げるの正しい通り道であります。中国プレミアリーグのように。