FC東京のドイツ親善試合用ユニフォームは発表!

FC東京はドイツで行う親善試合を参加する着用ユニフォームは22日に発表されました。今回発表したのはユニフォームのでデザインです。

ユニフォームは主にゴールド色で、襟、胸と袖口には青を採用し、2本のレッドのストライプがあります。パンツはホワイトで、ソックスは青とホワイトのボーダーとなります。

袖口には日本の国旗が付きます。すプライヤーはUMBROです。

FC東京のドイツ親善試合用ユニフォーム

 

べガルダ仙台のチームカラー

べガルダ仙台のチームカラーは主にゴールド、ブルー、レッドメインの三色ですが、一番目立つのはやはりベガルタ・ゴールドとなります。これは流星の色とともに、宮城県も日本最初の黃金の産地となります。

黃金は財畗の象徴で、かつて欧州の人の憧れた土ですね。だから、黃金産地として、ベガルタ仙台がその誇りを胸に、世界注目のサッカークラブチームになる念願も伝えられます。

そしてベガルタ・ブルーは銀河の色を表し、伝統と品位を象徴しています。レッドは情熱と決心の表現だと考えられます。