Jリーグの槙野智章について

槙野智章は、1987年5月11日に生まれて、広島県広島市出身のプロサッカー選手であります。今はJリーグ・浦和レッドダイヤモンズに所属していて、ポジションはディフェンダーであります。プロ入り前、サッカーファンであった父と、既にサッカーを始めていた2人の兄の影響で小学1年生からサッカーを始めました。

槙野智章

「一言で言うとファイター」、「DFらしいDF」という評価があります。コーチングに優れ、高い身体能力と闘争心を持って、1対1の局面での強さに定評があります。また、得点への意欲が非常に高いのも槙野智章の特徴です。フリーキック、ペナルティキックなどのプレースキッカーも務めておいて、特にFKは高い精度を持ちます。PKにおいては、後ろ向きの状態から反転してキックを放つという独特の蹴り方を行います。

2006年に柏木、橋内優也、趙佑鎮と共にサンフレッチェ広島のトップチームに昇格しました。2007年8月にダリオ・ダバツおよび盛田剛平が負傷したため先発メンバーに抜擢され、以降レギュラーとして定着しました。2010年12月、ドイツへ渡って、ボルシア・ドルトムントとホッフェンハイムの練習に参加しました。2012年1月11日、出場機会を求めて、広島時代の恩師であるミハイロ・ペトロヴィッチが監督に就任した浦和レッズへの1年間の期限付き移籍が決定しました。2012年12月4日、2013年シーズンより浦和への完全移籍加入が発表されました。

槙野智章-1

(Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズ)浦和レッズユニフォームを激安にお求め頂きたい方にお勧めです!

浦和レッズの槙野智章は「1日が30時間ある男」と呼ばれる

槙野智章は「1日が30時間ある男」と呼ばれていますが、なぜだと言うと、それが国内組の11選手の中で、浦和レッズの槙野智章は特に異彩を放っていました。巨人の選手も、サッカー日本代表の選手も、槙野智章は「夢」を持つ選手で、一流選手を目指してずっと頑張っています。

今季の槙野は、国内でも最もオフが少ない部類の選手です。しかし、その貴重な休日すら、会いたい相手、語り合いたい相手がいれば、簡単に“返上”する。誰よりも真剣に、競技と向き合う槙野智章は一流才能を求め、そして、見識を広め、考えを深めます。身なりにも徹底してこだわります。

「サッカーの練習は1日2時間。22時間も自由になるからかえって難しい」。その意味で言えば、22 時間の使い方について、槙野ほど貪欲な選手は少ないだろう。自室にこもり、惰性でゲームにふける選手などとは、人生の密度が違います。

本田が交流を求め、香川が、井岡がスタイルをまねます。それは槙野の生き方が、一流だからだと思います。派手なガッツポーズで、華やかな人間関係です。そして時代の先端をいくこだわりのファッション。成田空港で感じたように、彼の周囲はいつも彩りに満ちている。しかし、私が最もまぶしいと感じるのは、槙野という人間の内部からあふれる、無尽蔵のバイタリティーだ。

浦和レッズ  槙野智章 ユニフォームはサッカーショップ「JFA Shop」で購入できます。詳しく情報はこちらへ:https://jfashop.com/

槙野智章