湘南ベルマーレの永木亮太さんは鹿島アントラーズに移籍!

湘南ベルマーレのもっとも重要な選手永木亮太は今年常勝軍団鹿島アントラーズに移籍しました。六年間でずっと湘南ベルマーレでサッカーをプレーし、さらに2013年に湘南のキャプテンに就任した永木さんは今回自分の成長のために、27歳で移籍したことで本当に人生の大きな一歩を踏み出しました。

プロのサッカー選手として、永木亮太の目標は「日本代表のユニフォームを着ること」で、今季は鹿島アントラーズの移籍オファーを受けることも夢に向いて頑張った一歩です。鹿島アントラーズは国内最多の17冠のタイトルを獲得したクラブで、大迫勇也、柳沢敦などの先輩も日本代表選手に選ばれました。

しかし、永木選手のポジションはボランチで、現日本代表の柴崎岳選手もボランチとして活躍していますが、競争強いポジションですね。永木選手は目標を実現するために頑張るしかないですね。