浦和レッズのチーム発足歴史

浦和レッズは日本の埼玉県におけるプロサッカークラブで、Jリーグに加盟するクラブです。フルネームは浦和レッドダイヤモンズで、通常には浦和レッズと呼ばれています。チーム名の「ダイヤモンド」は最高の輝き、固い結束力という意味で名づけ、三菱グループのマークの浦和レッズは日本の埼玉県におけるプロサッカークラブで、Jリーグに加盟するクラブです。フルネームは浦和レッドダイヤモンズで、通常には浦和レッズと呼ばれています。チーム名の「ダイヤモンド」は最高の輝き、固い結束力という意味で名づけ、三菱グループのマークのスリーダイヤモンド・三菱自動車のイメージカラーである赤もモチーフとなっています。
浦和レッズは国内三大タイトルをすべて獲得しているクラブの一つです。獲得タイトル数(日本国内外)はJリーグ全加盟クラブ中6位で、営業収入と観客もJリーグの加盟クラブの中で一番多いです。
2015年、浦和レッズのチームスローガンはWE BELIEVE in REDS、ナビスコカップでは、準々決勝で、新潟と対戦し、1回戦は、0-5と大敗し、2回戦は3-0で勝利したものの、トータルスコアでは、3-5で敗れ、2年連続ベスト8で敗退とりました。一方で、天皇杯は、順調に相手を撃破し、9年ぶりの決勝進出を果たすものの、決勝のガンバ大阪との対戦では、先制を許した後、興梠のゴールで追いつき、1-1で前半を折り返しました。しかし、後半に勝ち越しを許し、1-2で敗れ、9年ぶりの優勝を果たせませんでした。
2016年、浦和レッズは鈴木啓太が引退、阪野豊史、茂木力也が愛媛、斎藤翔太が水戸、岡本拓也が湘南に期限付き移籍、山田直輝、矢島慎也の期限付き移籍期間が延長しました。
スリーダイヤモンド・三菱自動車のイメージカラーである赤もモチーフとなっています。
浦和レッズは国内三大タイトルをすべて獲得しているクラブの一つです。獲得タイトル数(日本国内外)はJリーグ全加盟クラブ中6位で、営業収入と観客もJリーグの加盟クラブの中で一番多いです。
2015年、浦和レッズのチームスローガンはWE BELIEVE in REDS、ナビスコカップでは、準々決勝で、新潟と対戦し、1回戦は、0-5と大敗し、2回戦は3-0で勝利したものの、トータルスコアでは、3-5で敗れ、2年連続ベスト8で敗退とりました。一方で、天皇杯は、順調に相手を撃破し、9年ぶりの決勝進出を果たすものの、決勝のガンバ大阪との対戦では、先制を許した後、興梠のゴールで追いつき、1-1で前半を折り返しました。しかし、後半に勝ち越しを許し、1-2で敗れ、9年ぶりの優勝を果たせませんでした。
2016年、浦和レッズは鈴木啓太が引退、阪野豊史、茂木力也が愛媛、斎藤翔太が水戸、岡本拓也が湘南に期限付き移籍、山田直輝、矢島慎也の期限付き移籍期間が延長しました。