浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#30 興梠慎三

2017年4月7日、興梠慎三が第6節のベガルタ仙台戦では今季初のハットトリックを決めました。5月12日、4月に行われた5試合のうち、5得点をあげて月間MVPを受賞しました。今日は、浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#30 興梠慎三を紹介いたします。

興梠 慎三(こうろき しんぞう、1986年7月31日 – )は、宮崎県宮崎市出身のサッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはフォワード(FW)。興梠慎三の背番号が30です。

浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖(1st)はクラブ設立25周年を表す“25”をローマ数字“XXV”で表現した大胆なグラフィックを採用しました。それぞれのピンストライプの束は12本で形成されており、チームワークやファン・サポーターとの結束を表しています。

2017 ホーム ユニフォームが中央の大きなダイヤモンドの中に縦に描かれている25本のストライプもまた25周年を表現し、太さの違うピンストライプの先端部分を鋭く描く事で、流れる様なスピード感と躍動感をイメージしました。

ユニフォームのメーカーブランドは前続き「ナイキ」、スポンサーが、胸の「ポラス」、パンツの「DHLジャパン」が継続。「三菱自動車工業」は背中上部から袖へ移り、背中上部に「三菱重工業」、背中下部には「日本KFCホールディングス」と新たに契約を結んでいます。

浦和レッズ ユニフォームのホームのパンツは白色、ソックスは黒。

f17snk0080

浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#30 興梠慎三 絶賛販売!

浦和レッズの槙野智章は「1日が30時間ある男」と呼ばれる

槙野智章は「1日が30時間ある男」と呼ばれていますが、なぜだと言うと、それが国内組の11選手の中で、浦和レッズの槙野智章は特に異彩を放っていました。巨人の選手も、サッカー日本代表の選手も、槙野智章は「夢」を持つ選手で、一流選手を目指してずっと頑張っています。

今季の槙野は、国内でも最もオフが少ない部類の選手です。しかし、その貴重な休日すら、会いたい相手、語り合いたい相手がいれば、簡単に“返上”する。誰よりも真剣に、競技と向き合う槙野智章は一流才能を求め、そして、見識を広め、考えを深めます。身なりにも徹底してこだわります。

「サッカーの練習は1日2時間。22時間も自由になるからかえって難しい」。その意味で言えば、22 時間の使い方について、槙野ほど貪欲な選手は少ないだろう。自室にこもり、惰性でゲームにふける選手などとは、人生の密度が違います。

本田が交流を求め、香川が、井岡がスタイルをまねます。それは槙野の生き方が、一流だからだと思います。派手なガッツポーズで、華やかな人間関係です。そして時代の先端をいくこだわりのファッション。成田空港で感じたように、彼の周囲はいつも彩りに満ちている。しかし、私が最もまぶしいと感じるのは、槙野という人間の内部からあふれる、無尽蔵のバイタリティーだ。

浦和レッズ  槙野智章 ユニフォームはサッカーショップ「JFA Shop」で購入できます。詳しく情報はこちらへ:https://jfashop.com/

槙野智章