日本プロサッカーリーグ—–Jリーグの発送歴史

Jリーグは日本プロサッカーリーグ(Japan Professional Football League)の略称です。公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグは主催団体を担当しています。主管団体はJリーグに加盟する各クラブです。

1993~1998年の6年間、Jリーグは1部のみのサッカーリーグとして最大で18クラブによって開催されました。2014年まで、J3リーグが創設されました。

J1リーグの年間最終順位上位原則3チームは、同年度の天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝チームとともに、翌年度のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を与えられます。しかも、アジア大会における日本のサッカークラブも参照となります。

Jリーグに加盟する条件には、経営状況、チーム運営状況、スタジアムなどの要素を考えて定められています。2013年シーズンよりJリーグに加盟可否・加盟可能なディビジョンについての判断を行う制度が更新された。

Jリーグのチーム名称は一般的には地域名称+愛称にしているため、発足早期は企業名称などは排除していましたが、1992年にチームはプロ化へ移行、準備の要素を考えて一部のチーム名称は企業名称を入れることを容認したこともあります。例えば、「三菱浦和レッドダイヤモンズ」(浦和レッドダイヤモンズ)や「読売ヴェルディ」(ヴェルディ川崎)なども報道で見られていました。