鹿島アントラーズ——チームの発足史

鹿島アントラーズ(かしまアントラーズ、Kashima Antlers)は、日本のプロサッカーリーグ(Jリーグ)のプロサッカークラブの一つです。ホームスタジアムは県立カシマサッカースタジアムで、練習場はアントラーズクラブハウスグラウンドです。

鹿島の前身は1947年に創設された住友金属工業蹴球団で、1991年Jリーグに加盟する時鹿島アントラーズに変更しました。チーム名の「アントラーズ」は英語で鹿の枝角の意味で、鹿島神宮の神鹿にちなみ、枝角は茨城県の茨をイメージしています。鋭い枝角は勝利を目指す決心と勇気の表現です。

鹿島アントラーズは国内3大タイトル(Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯)において、Jリーグクラブ史上最多の17冠を獲得するチームです。A3チャンピオンズカップやスルガ銀行チャンピオンシップ、スーパーカップを含めると、史上最多の25冠である。また、Jリーグ史上初となる3連覇(2007年 – 2009年)を達成し、2000年度にはJリーグ発足後初の国内三冠を達成したクラブです。

鹿島アントラーズ<