Jリーグ最新試合ニュース

Jリーグ試合ニュース

 今回はJリーグの最近の試合ニュースを紹介します。

9月10日に神戸が磐田との乱戦を制して4連勝を勝ち取ります。先制を許したが、ペドロジュニオールとレアンドロが高い個人技を発揮し、ともに2ゴールを得りました。試合終了間際の決勝点はレアンドロがロングパスを頭で流し込みました。磐田は2点差を追い付く粘りも及ばなりませんでした。

鹿島は9月10日に行ったリーグ戦で完敗しました。柏に与えた2得点は、ともに相手のドリブルに対応できなかった結果でした。試合後にはサポーターからブーイングが浴びせられた。第2ステージでは厳しい戦いを強いられているが、指揮官は「課題を改善して、切り替えてやっていきたい」と努めて前を向います。

9月10日に、浦和は3連敗を免れました。第1ステージは、終盤の3連敗で優勝を逃す苦い経験をしただけに、「きょうの試合は重要だった。こういう状況で、しっかり結果を出してくれたことに満足している」とペトロビッチ監督は安堵の表情で言いました。堅守の鳥栖に先制されると難しい展開になるのは目に見えていた中で、効いたのが前半41分の先制点を勝ち取ります。また、長いボールで相手を押し下げ、右サイドで関根が勝負しました。森脇-武藤-ズラタンと素早くつなぎ、宇賀神が決めました。そして、2点目もアシストした関根は「先制点はいい形。調子の良かった鳥栖に何もさせなかった」と胸を張っていいました。

セレッソ大阪 2016 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

セレッソ大阪が17日、2016シーズンに向けた新ユニフォームを発表しました。セレッソ大阪 ユニフォーム 2016 ホームはPumaによる2代目のモデルとして、太めのボーダーグラフィックのデザインを採用しました。ユニフォームの肩から袖にかけてアパレルフォームストライプが取り入れられていました。

セレッソ大阪 2016 ユニフォーム ホーム裾の部分にはブラックのパイピングが付いて、アクセントのあるデザインになりました。今季のユニフォームはカジュアル性かつトレンドもイメージしました。

セレッソ大阪が好きだったら、セレッソ大阪 ユニフォームを身にまとい、引き続きセレッソ大阪へのご応援お願いいたします。

セレッソ大阪 2016 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

自由に名前をマーキングできるサッカーユニフォームはどこで買える?

好きなサッカーチームのユニフォームをすでに手に入れたが、自分の名前をユニフォームの背面にプリントしたいならどうすればいいですか。

友達の誕生日でサッカーユニフォームをプレゼントにして、何か個性的な番号をマーキングしたいですか。

息子の卒業お祝いプレゼントで、名前と年月日を記入したいですが、どこでこのようなユニフォームを購入できますか。

自由に名前と数字をマーキングできるサッカーユニフォーム通販サイトをご紹介いたします。

サッカーユニフォーム「JFA Shop」はサッカーユニフォーム、日本代表 ユニフォーム、Jリーグユニフォーム、各クラブ サッカーユニフォーム等の サッカーグッズを販売しています。自由に名前と番号マーキング可能。チームオーダーもOK!

自由に名前をマーキング

FC岐阜コラボユニフォーム「僕は友達が少ない」!

FC岐阜は3月16日に「僕は友達が少ない」とのコラボユニフォームの販売を発表しました。

ユニフォームは右胸に「僕は友達が少ない」ロゴがあり、背番号には

隣人部部員募集ポスターがプリントされました。非常にかわいいと思います。

ユニフォームはグリーンを基調にして、特別なデザインで人目を惹かれます。

FC岐阜コラボユニフォーム

 

川崎フロンターレ 新 ユニフォーム 2016 背中スポンサーが決定!

2016シーズンの川崎フロンターレ 新 ユニフォームはもう2015年10月14日に発表しました。サプライヤーは相変わらず「Puma」ですが、背中のスポンサーはずっと公開しません。

2016年も川崎フロンターレのクラブ創立20年の記念で、このきっかけで、新ユニフォームは創立時のユニフォームのデザインを再度採用し、水色とブラックのストライプ柄を使用し、襟は主にホワイトで、水色とブラックの波紋も入っています。

ずっと空欄の背中のユニフォームは2016年2月18日に「ニフティ株式会社」に決定した事を発表しました。これも第一回でインターネットサービス事業者はサッカークラブのスポンサーになります。

 

練習試合でセレッソ大阪また大学生に勝てず

2016年2月21日、セレッソ大阪は関西学院大との練習試合が行われました。

1試合目には今季のキャプテン就任が発表になったFW柿谷曜一朗らが先発。

前半10分にFWブルーノ・メネゲウがPKを決め、後半1分にもブルーノが追加点を奪ったが、2-2の引き分けに終わった。

2本目には1本目に途中出場したFW玉田圭司やMF扇原貴宏らが先発。
しかし0-1で敗れ、昨年の大学4冠を達成した関学大を相手に1分1敗という成績に終わった。

C大阪は17日に行った全日本大学選抜戦にも0-3で敗戦。
プレシーズンの練習試合は、J1の福岡や広島には勝利しているが、大学生には苦しめられる結果になっている。

■1本目
GK:キム・ジンヒョン
DF:茂庭照幸、丸橋祐介(90分→椋原健太)、松田陸、山下達也、山村和也
MF:ソウザ(67分→扇原貴宏)
FW:柿谷曜一朗、杉本健勇、ブルーノ・メネゲウ、リカルド・サントス(71分→玉田圭司)

GK:丹野研太
DF:田中裕介、酒本憲幸(65分→小谷祐喜)、中澤聡太、椋原健太
MF:扇原貴宏(46分→木本恭生)、橋本英郎、関口訓充
FW:田代有三、玉田圭司(46分→丸岡満)、澤上竜二(65分→清原翔平)

FC東京スタメンで、秀人と小川の出番が期待される

公式戦で2連敗に遭ったFC東京は3月2日にACLグループステージ第二戦を迎えます。

入れ替える可能性があるのかと思いましたが、今まで出番のない秀人と小川が期待されます。大宮戦で駒野、室屋不在のサイドバックに入った拳人が機能せず本職SBの小川に期待する声が大きかった中、スタメン予想にはその小川が入っています。さらに出番機会もない秀人にも奮起して欲しいところです。

相手のビンズオン。初戦を引き分け東京に乗り込んで来ます。連敗するわけにはいきません。ここで負けたらキツいでしょう。

結果を出して週末のリーグ戦に向けて弾みをつけたいこの一戦。今日スタジアムに足を運ぶ人はもちろん、色んな理由で行くことが出来ない人もそれぞれの場所でそれぞれの方法て応援しましょう!FC東京、頑張れ!

 

鹿島アントラーズのMF金崎夢生はなぜ今回ユニフォームの前だけパンツに入れるのか?

ガンが大阪と鹿島アントラーズの対戦で、ガンバ大阪の市立吹田サッカースタジアムで初戦で、72分、鹿島はカイオ、西大伍、金崎夢生の連携から右サイドを崩し、カイオが深い位置からクロス。

今月の12日に完全に鹿島へ移籍した金崎夢生は得点に絡んだ。なのに、この日鹿島アントラーズユニフォームを着た金崎夢生はちょっと不自然のにお気付きませんか。33番のユニフォームを着ている金崎はいつもしっかりシャツをパンツの中に入れることで知られる金崎はこの日で後ろでシャツを出していたのです。

選手の個人習慣により、ユニフォームの着方も様々ですが、全部出している選手もいますが、全部入れる選手もいます。その他、試合の途中自然に出してしまう可能性もあります。なぜ、金崎は今回このようにユニフォームを着ていましたか。

真実はいつもただ一つ!それは、今シーズンからユニフォームの背中裾部に広告を表示することが可能となったのです。いつも胸に広告を印刷されるユニフォームは今回、胸以外のところに広告を用意するつもりです。つまり、以前のシーズンはシャツの前面、背面、左袖の3か所が対象となっていたのだが、今季から新たに「背中裾」が加わったのです。

鹿島アントラーズ ユニフォーム一覧⇒サッカーユニフォーム【JFA Shop】

鹿島アントラーズ MF金崎夢生

鹿島アントラーズ——チームの発足史

鹿島アントラーズ(かしまアントラーズ、Kashima Antlers)は、日本のプロサッカーリーグ(Jリーグ)のプロサッカークラブの一つです。ホームスタジアムは県立カシマサッカースタジアムで、練習場はアントラーズクラブハウスグラウンドです。

鹿島の前身は1947年に創設された住友金属工業蹴球団で、1991年Jリーグに加盟する時鹿島アントラーズに変更しました。チーム名の「アントラーズ」は英語で鹿の枝角の意味で、鹿島神宮の神鹿にちなみ、枝角は茨城県の茨をイメージしています。鋭い枝角は勝利を目指す決心と勇気の表現です。

鹿島アントラーズは国内3大タイトル(Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯)において、Jリーグクラブ史上最多の17冠を獲得するチームです。A3チャンピオンズカップやスルガ銀行チャンピオンシップ、スーパーカップを含めると、史上最多の25冠である。また、Jリーグ史上初となる3連覇(2007年 – 2009年)を達成し、2000年度にはJリーグ発足後初の国内三冠を達成したクラブです。

鹿島アントラーズ<

Jリーグマスコット総選挙

ゼロックス杯のハーフタイムに発表したJリーグマスコット総選挙2016の結果:

一位:ベガルタ仙台のベガッ太;

二位:FC東京の東京ドロンパ;

三位:サンフレッチェ広島のサンチェ。

今回のJリーグマスコット総選挙は4回目になりました。1回目は13年に行われた。そのとき制覇者はベガッ太で、今回、ベガッ太は史上初の2回目の“センターポジション”に立った。

2016年総選挙の結果は以下のようです。

1位:ベガッ太(仙台)

2位:東京ドロンパ(FC東京)

3位:サンチェ(広島)

4位:グランパスくん(名古屋)

5位:ドーレくん(札幌)

6位:ヴィヴィくん(長崎)

7位:ゼルビー(町田)

8位:マリノスケ(横浜FM)

9位:ディーオ(山形)

10位:ガンズくん(松本)

11位:GAMBA BOY(ガンバボーイ/G大阪)

12位:ヴァンくん(甲府)

13位:ふろん太(川崎F)

14位:パルちゃん(清水)

15位:しかお(鹿島)

16位:レイくん(柏)

17位:アルビくん(新潟)

18位:アルディ(大宮)

19位:ゲンゾー(金沢)

20位:キングベルⅠ世(湘南)

21位:モーヴィ(神戸)

22位:コトノちゃん(京都)

23位:ウィントス(鳥栖)

24位:ホーリーくん(水戸)

25位:ロアッソくん(熊本)

26位:アビーくん(福岡)

27位:ロビー(C大阪)

28位:ジェフィ(千葉)

29位:ジュビロくん(磐田)

30位:ミナモ(岐阜)

31位:オ~レくん(愛媛)

32位:ギラン(北九州)

33位:フリ丸(横浜FC)

34位:ヴォルタくん(徳島)

35位:ファジ丸(岡山)

36位:湯友(ゆうと/群馬)

37位:Jリーグキング(Jリーグ)

38位:ヴェルディ君(東京V)

39位:レディア(浦和)