Jリーグマスコット総選挙

ゼロックス杯のハーフタイムに発表したJリーグマスコット総選挙2016の結果:

一位:ベガルタ仙台のベガッ太;

二位:FC東京の東京ドロンパ;

三位:サンフレッチェ広島のサンチェ。

今回のJリーグマスコット総選挙は4回目になりました。1回目は13年に行われた。そのとき制覇者はベガッ太で、今回、ベガッ太は史上初の2回目の“センターポジション”に立った。

2016年総選挙の結果は以下のようです。

1位:ベガッ太(仙台)

2位:東京ドロンパ(FC東京)

3位:サンチェ(広島)

4位:グランパスくん(名古屋)

5位:ドーレくん(札幌)

6位:ヴィヴィくん(長崎)

7位:ゼルビー(町田)

8位:マリノスケ(横浜FM)

9位:ディーオ(山形)

10位:ガンズくん(松本)

11位:GAMBA BOY(ガンバボーイ/G大阪)

12位:ヴァンくん(甲府)

13位:ふろん太(川崎F)

14位:パルちゃん(清水)

15位:しかお(鹿島)

16位:レイくん(柏)

17位:アルビくん(新潟)

18位:アルディ(大宮)

19位:ゲンゾー(金沢)

20位:キングベルⅠ世(湘南)

21位:モーヴィ(神戸)

22位:コトノちゃん(京都)

23位:ウィントス(鳥栖)

24位:ホーリーくん(水戸)

25位:ロアッソくん(熊本)

26位:アビーくん(福岡)

27位:ロビー(C大阪)

28位:ジェフィ(千葉)

29位:ジュビロくん(磐田)

30位:ミナモ(岐阜)

31位:オ~レくん(愛媛)

32位:ギラン(北九州)

33位:フリ丸(横浜FC)

34位:ヴォルタくん(徳島)

35位:ファジ丸(岡山)

36位:湯友(ゆうと/群馬)

37位:Jリーグキング(Jリーグ)

38位:ヴェルディ君(東京V)

39位:レディア(浦和)

長崎は選手を入れ替わる

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。

昨季は長崎は6位に入りJ1昇格プレーオフ進出を果たした。最終的には、福岡が昇格を勝ち取る。

1トップのい・ヨンジェ、上形洋介が退団し、代わりに永井龍とロドリゴが新たに加わった。彼らがいかに早くチームに馴染めるかが重要となるが、シャドーの梶川諒太らの奮起も求められる。そして、サイド攻撃にも磨きをかけたいところだ。

スーパーな選手がいるわけではないが、チーム全体が目指すサッカーを共有できており、集団としての強さが際立っている。高木監督の手腕は評価されるべきで、継続したチーム作りがしっかりと強化に結びついている。

昇格プレーオフを狙えるだけの力はあるが、一歩間違えれば下位に転落する危険もある。

 

浦和レッズのチーム発足歴史

浦和レッズは日本の埼玉県におけるプロサッカークラブで、Jリーグに加盟するクラブです。フルネームは浦和レッドダイヤモンズで、通常には浦和レッズと呼ばれています。チーム名の「ダイヤモンド」は最高の輝き、固い結束力という意味で名づけ、三菱グループのマークの浦和レッズは日本の埼玉県におけるプロサッカークラブで、Jリーグに加盟するクラブです。フルネームは浦和レッドダイヤモンズで、通常には浦和レッズと呼ばれています。チーム名の「ダイヤモンド」は最高の輝き、固い結束力という意味で名づけ、三菱グループのマークのスリーダイヤモンド・三菱自動車のイメージカラーである赤もモチーフとなっています。
浦和レッズは国内三大タイトルをすべて獲得しているクラブの一つです。獲得タイトル数(日本国内外)はJリーグ全加盟クラブ中6位で、営業収入と観客もJリーグの加盟クラブの中で一番多いです。
2015年、浦和レッズのチームスローガンはWE BELIEVE in REDS、ナビスコカップでは、準々決勝で、新潟と対戦し、1回戦は、0-5と大敗し、2回戦は3-0で勝利したものの、トータルスコアでは、3-5で敗れ、2年連続ベスト8で敗退とりました。一方で、天皇杯は、順調に相手を撃破し、9年ぶりの決勝進出を果たすものの、決勝のガンバ大阪との対戦では、先制を許した後、興梠のゴールで追いつき、1-1で前半を折り返しました。しかし、後半に勝ち越しを許し、1-2で敗れ、9年ぶりの優勝を果たせませんでした。
2016年、浦和レッズは鈴木啓太が引退、阪野豊史、茂木力也が愛媛、斎藤翔太が水戸、岡本拓也が湘南に期限付き移籍、山田直輝、矢島慎也の期限付き移籍期間が延長しました。
スリーダイヤモンド・三菱自動車のイメージカラーである赤もモチーフとなっています。
浦和レッズは国内三大タイトルをすべて獲得しているクラブの一つです。獲得タイトル数(日本国内外)はJリーグ全加盟クラブ中6位で、営業収入と観客もJリーグの加盟クラブの中で一番多いです。
2015年、浦和レッズのチームスローガンはWE BELIEVE in REDS、ナビスコカップでは、準々決勝で、新潟と対戦し、1回戦は、0-5と大敗し、2回戦は3-0で勝利したものの、トータルスコアでは、3-5で敗れ、2年連続ベスト8で敗退とりました。一方で、天皇杯は、順調に相手を撃破し、9年ぶりの決勝進出を果たすものの、決勝のガンバ大阪との対戦では、先制を許した後、興梠のゴールで追いつき、1-1で前半を折り返しました。しかし、後半に勝ち越しを許し、1-2で敗れ、9年ぶりの優勝を果たせませんでした。
2016年、浦和レッズは鈴木啓太が引退、阪野豊史、茂木力也が愛媛、斎藤翔太が水戸、岡本拓也が湘南に期限付き移籍、山田直輝、矢島慎也の期限付き移籍期間が延長しました。