浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#30 興梠慎三

2017年4月7日、興梠慎三が第6節のベガルタ仙台戦では今季初のハットトリックを決めました。5月12日、4月に行われた5試合のうち、5得点をあげて月間MVPを受賞しました。今日は、浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#30 興梠慎三を紹介いたします。

興梠 慎三(こうろき しんぞう、1986年7月31日 – )は、宮崎県宮崎市出身のサッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはフォワード(FW)。興梠慎三の背番号が30です。

浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖(1st)はクラブ設立25周年を表す“25”をローマ数字“XXV”で表現した大胆なグラフィックを採用しました。それぞれのピンストライプの束は12本で形成されており、チームワークやファン・サポーターとの結束を表しています。

2017 ホーム ユニフォームが中央の大きなダイヤモンドの中に縦に描かれている25本のストライプもまた25周年を表現し、太さの違うピンストライプの先端部分を鋭く描く事で、流れる様なスピード感と躍動感をイメージしました。

ユニフォームのメーカーブランドは前続き「ナイキ」、スポンサーが、胸の「ポラス」、パンツの「DHLジャパン」が継続。「三菱自動車工業」は背中上部から袖へ移り、背中上部に「三菱重工業」、背中下部には「日本KFCホールディングス」と新たに契約を結んでいます。

浦和レッズ ユニフォームのホームのパンツは白色、ソックスは黒。

f17snk0080

浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#30 興梠慎三 絶賛販売!

浦和レッズ 2016 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

浦和レッズ 2016 ユニフォーム アウェイはボタン付きのクルーネックタイプのクラシカルなデザインを採用しました。

新ユニフォームは首元や袖にはクラブカラーである赤のラインで繋ぐことで躍動する浦和レッズの魂を表しました。

浦和レッズ ユニフォームの背面下部の裾部分にはクラブの誇りである“We are REDS!”の文字が入りました。

浦和レッズ 2016 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

埼玉ダービーでき飛ばすのは浦和レッズか、それとも大宮アルディージャか

浦和レッズは首位の浜F・マリノスに勝ち点4差の3位からさらに浮上するため、大宮アルディージャは21戦無敗のJ1記録を更新しながら、8連敗、1勝挟んで現在3連敗という悪い流れを断ち切るために、10月5日(土)にキックオフを迎えるさいたまダービーは、両軍にとってもシーズンのターニングポイントになる戦いと見られます。ただの1試合ではなく、さいたまダービーには、その後の状況を変化させるだけの力があります。両軍とも、ここ最近は理想な結果ではありません。

浦和は25節にFC東京との打ち合いに敗れることで、26節では15位ヴァンフォーレ甲府に了間際に同点に追いつかれ、27節も16位湘南ベルマーレを相手に引き分けに持ち込まれました。横浜FM、サンフレッチェ広島に続く3位をキープしているが、4位鹿島アントラーズがただ1点の差に迫っています。試合を決めきれず同点に追いつかれるなど、やられているのは同じパターンで、先制しても2点目、3点目を決めて、最後まで、1点のリードを守り切ることもできていません。これは浦和らしくないです。

大宮の状況はさらに深刻です。3連敗となった27節は、FC東京に5失点を刺した。戦線離脱した金澤慎&青木拓矢に代わる和田拓也&高橋祥平も阿吽のコンビネーションを求めます。それに、交代するまでボールホルダーを追い回した和田のパフォーマンスを褒めるべきです。大宮の課題は早い時間帯での失点です。各チームとも後半により多く失点を喫する傾向中、大宮は前半15分までに最も点を取られました。(38失点中10失点が0~15分の失点)。先制しても、後手に回る悪循環に陥ってしまった。前半戦の大宮と逆の試合展開になります。

だからこそのさいたまダービーです。浦和は興梠慎三、原口元気、柏木陽介のトライアングルで多彩な攻めを見せるだけではなく、組織的な守備で1-0でもしっかり勝ち切る試合を見せたいでしょう。それに、阿部勇樹&鈴木啓太のボランチがボールを回収し、ピンチを未然に防げば、最後まで優勝戦線に絡んでいけることでしょう。

大宮としては、全員が一生懸命に連動した守備からノヴァコヴィッチ、ズラタンの決定力に任せること。徹底したマンマークで、むしろ浦和に攻めさせながらも、ピンチを回避する7節を再現しようとします。

順位は浦和が上を行き、対戦成績では7勝5分5敗と阿部勇樹大宮が分が分かります。意地と意地がぶつかるさいたまダービーでは、きっけを掴むのはどっちでしょうか。勝ち点3の浦和か、それとも、浮上の大宮か。

J1 1stステージ 第2節 浦和レッズ VS ジュビロ磐田

浦和レッズはポゼッションで相手を上回り、多くのチャンスを作りましたが、リトリートして強固なブロックを形成するジュビロ磐田の守備に苦しみました。

前半30分にはつなぎのミスから失点を展開に、後半は選手交代を駆使して攻勢を強めると、後半33分に結果が実り、鮮やかなパスワークから同点弾に追い付けた。

残念ながら、4分後にジェイにJ1初ゴールを許して、再びビハインドを負ってしまいました。結局これが決勝点となり、連勝とはなりません。J1ホーム通算200勝は翌節以降に持ち越しとなりました。

U1022P6T12D2354872F44DT20060722204859

 

浦和MF柏木が「柏木家のために頑張ります」

浦和レッズの人気サッカー選手MF柏木陽介が2016年3月3日、TBSの佐藤渚アナウンサーと結婚のブログを発表しました。

柏木は「本日兼ねてからお付き合いさせていただいております、TBSアナウンサーの佐藤渚さんと入籍をいたしました。この人だったら、お互い仕事を頑張りながら、支え合っていけると確信しました」と入籍にいたった経緯を説明しました。そして、「今まで、彼からも浦和レッズと柏木家のために頑張ります!これからもぜひ応援よろしくお願いいたします」と語りました。

また、佐藤は昨年末に一部スポーツ紙に報じられていたことについて触れ、「彼がシーズン終盤の大事な時期であることや、周りの助言などもあり、具体的なことは控えさせていただきました」と説明。柏木については「彼とは数年前に知り合い、家族やチーム、周りの人をとても大切にする愛情深い人柄…」と綴った。

浦和レッズの槙野智章は「1日が30時間ある男」と呼ばれる

槙野智章は「1日が30時間ある男」と呼ばれていますが、なぜだと言うと、それが国内組の11選手の中で、浦和レッズの槙野智章は特に異彩を放っていました。巨人の選手も、サッカー日本代表の選手も、槙野智章は「夢」を持つ選手で、一流選手を目指してずっと頑張っています。

今季の槙野は、国内でも最もオフが少ない部類の選手です。しかし、その貴重な休日すら、会いたい相手、語り合いたい相手がいれば、簡単に“返上”する。誰よりも真剣に、競技と向き合う槙野智章は一流才能を求め、そして、見識を広め、考えを深めます。身なりにも徹底してこだわります。

「サッカーの練習は1日2時間。22時間も自由になるからかえって難しい」。その意味で言えば、22 時間の使い方について、槙野ほど貪欲な選手は少ないだろう。自室にこもり、惰性でゲームにふける選手などとは、人生の密度が違います。

本田が交流を求め、香川が、井岡がスタイルをまねます。それは槙野の生き方が、一流だからだと思います。派手なガッツポーズで、華やかな人間関係です。そして時代の先端をいくこだわりのファッション。成田空港で感じたように、彼の周囲はいつも彩りに満ちている。しかし、私が最もまぶしいと感じるのは、槙野という人間の内部からあふれる、無尽蔵のバイタリティーだ。

浦和レッズ  槙野智章 ユニフォームはサッカーショップ「JFA Shop」で購入できます。詳しく情報はこちらへ:https://jfashop.com/

槙野智章

浦和レッズのチーム発足歴史

浦和レッズは日本の埼玉県におけるプロサッカークラブで、Jリーグに加盟するクラブです。フルネームは浦和レッドダイヤモンズで、通常には浦和レッズと呼ばれています。チーム名の「ダイヤモンド」は最高の輝き、固い結束力という意味で名づけ、三菱グループのマークの浦和レッズは日本の埼玉県におけるプロサッカークラブで、Jリーグに加盟するクラブです。フルネームは浦和レッドダイヤモンズで、通常には浦和レッズと呼ばれています。チーム名の「ダイヤモンド」は最高の輝き、固い結束力という意味で名づけ、三菱グループのマークのスリーダイヤモンド・三菱自動車のイメージカラーである赤もモチーフとなっています。
浦和レッズは国内三大タイトルをすべて獲得しているクラブの一つです。獲得タイトル数(日本国内外)はJリーグ全加盟クラブ中6位で、営業収入と観客もJリーグの加盟クラブの中で一番多いです。
2015年、浦和レッズのチームスローガンはWE BELIEVE in REDS、ナビスコカップでは、準々決勝で、新潟と対戦し、1回戦は、0-5と大敗し、2回戦は3-0で勝利したものの、トータルスコアでは、3-5で敗れ、2年連続ベスト8で敗退とりました。一方で、天皇杯は、順調に相手を撃破し、9年ぶりの決勝進出を果たすものの、決勝のガンバ大阪との対戦では、先制を許した後、興梠のゴールで追いつき、1-1で前半を折り返しました。しかし、後半に勝ち越しを許し、1-2で敗れ、9年ぶりの優勝を果たせませんでした。
2016年、浦和レッズは鈴木啓太が引退、阪野豊史、茂木力也が愛媛、斎藤翔太が水戸、岡本拓也が湘南に期限付き移籍、山田直輝、矢島慎也の期限付き移籍期間が延長しました。
スリーダイヤモンド・三菱自動車のイメージカラーである赤もモチーフとなっています。
浦和レッズは国内三大タイトルをすべて獲得しているクラブの一つです。獲得タイトル数(日本国内外)はJリーグ全加盟クラブ中6位で、営業収入と観客もJリーグの加盟クラブの中で一番多いです。
2015年、浦和レッズのチームスローガンはWE BELIEVE in REDS、ナビスコカップでは、準々決勝で、新潟と対戦し、1回戦は、0-5と大敗し、2回戦は3-0で勝利したものの、トータルスコアでは、3-5で敗れ、2年連続ベスト8で敗退とりました。一方で、天皇杯は、順調に相手を撃破し、9年ぶりの決勝進出を果たすものの、決勝のガンバ大阪との対戦では、先制を許した後、興梠のゴールで追いつき、1-1で前半を折り返しました。しかし、後半に勝ち越しを許し、1-2で敗れ、9年ぶりの優勝を果たせませんでした。
2016年、浦和レッズは鈴木啓太が引退、阪野豊史、茂木力也が愛媛、斎藤翔太が水戸、岡本拓也が湘南に期限付き移籍、山田直輝、矢島慎也の期限付き移籍期間が延長しました。

日本プロサッカーリーグ—–Jリーグの発送歴史

Jリーグは日本プロサッカーリーグ(Japan Professional Football League)の略称です。公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグは主催団体を担当しています。主管団体はJリーグに加盟する各クラブです。

1993~1998年の6年間、Jリーグは1部のみのサッカーリーグとして最大で18クラブによって開催されました。2014年まで、J3リーグが創設されました。

J1リーグの年間最終順位上位原則3チームは、同年度の天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝チームとともに、翌年度のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を与えられます。しかも、アジア大会における日本のサッカークラブも参照となります。

Jリーグに加盟する条件には、経営状況、チーム運営状況、スタジアムなどの要素を考えて定められています。2013年シーズンよりJリーグに加盟可否・加盟可能なディビジョンについての判断を行う制度が更新された。

Jリーグのチーム名称は一般的には地域名称+愛称にしているため、発足早期は企業名称などは排除していましたが、1992年にチームはプロ化へ移行、準備の要素を考えて一部のチーム名称は企業名称を入れることを容認したこともあります。例えば、「三菱浦和レッドダイヤモンズ」(浦和レッドダイヤモンズ)や「読売ヴェルディ」(ヴェルディ川崎)なども報道で見られていました。