湘南ベルマーレの永木亮太さんは鹿島アントラーズに移籍!

湘南ベルマーレのもっとも重要な選手永木亮太は今年常勝軍団鹿島アントラーズに移籍しました。六年間でずっと湘南ベルマーレでサッカーをプレーし、さらに2013年に湘南のキャプテンに就任した永木さんは今回自分の成長のために、27歳で移籍したことで本当に人生の大きな一歩を踏み出しました。

プロのサッカー選手として、永木亮太の目標は「日本代表のユニフォームを着ること」で、今季は鹿島アントラーズの移籍オファーを受けることも夢に向いて頑張った一歩です。鹿島アントラーズは国内最多の17冠のタイトルを獲得したクラブで、大迫勇也、柳沢敦などの先輩も日本代表選手に選ばれました。

しかし、永木選手のポジションはボランチで、現日本代表の柴崎岳選手もボランチとして活躍していますが、競争強いポジションですね。永木選手は目標を実現するために頑張るしかないですね。

鹿島アントラーズのMF金崎夢生はなぜ今回ユニフォームの前だけパンツに入れるのか?

ガンが大阪と鹿島アントラーズの対戦で、ガンバ大阪の市立吹田サッカースタジアムで初戦で、72分、鹿島はカイオ、西大伍、金崎夢生の連携から右サイドを崩し、カイオが深い位置からクロス。

今月の12日に完全に鹿島へ移籍した金崎夢生は得点に絡んだ。なのに、この日鹿島アントラーズユニフォームを着た金崎夢生はちょっと不自然のにお気付きませんか。33番のユニフォームを着ている金崎はいつもしっかりシャツをパンツの中に入れることで知られる金崎はこの日で後ろでシャツを出していたのです。

選手の個人習慣により、ユニフォームの着方も様々ですが、全部出している選手もいますが、全部入れる選手もいます。その他、試合の途中自然に出してしまう可能性もあります。なぜ、金崎は今回このようにユニフォームを着ていましたか。

真実はいつもただ一つ!それは、今シーズンからユニフォームの背中裾部に広告を表示することが可能となったのです。いつも胸に広告を印刷されるユニフォームは今回、胸以外のところに広告を用意するつもりです。つまり、以前のシーズンはシャツの前面、背面、左袖の3か所が対象となっていたのだが、今季から新たに「背中裾」が加わったのです。

鹿島アントラーズ ユニフォーム一覧⇒サッカーユニフォーム【JFA Shop】

鹿島アントラーズ MF金崎夢生

鹿島アントラーズ——チームの発足史

鹿島アントラーズ(かしまアントラーズ、Kashima Antlers)は、日本のプロサッカーリーグ(Jリーグ)のプロサッカークラブの一つです。ホームスタジアムは県立カシマサッカースタジアムで、練習場はアントラーズクラブハウスグラウンドです。

鹿島の前身は1947年に創設された住友金属工業蹴球団で、1991年Jリーグに加盟する時鹿島アントラーズに変更しました。チーム名の「アントラーズ」は英語で鹿の枝角の意味で、鹿島神宮の神鹿にちなみ、枝角は茨城県の茨をイメージしています。鋭い枝角は勝利を目指す決心と勇気の表現です。

鹿島アントラーズは国内3大タイトル(Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯)において、Jリーグクラブ史上最多の17冠を獲得するチームです。A3チャンピオンズカップやスルガ銀行チャンピオンシップ、スーパーカップを含めると、史上最多の25冠である。また、Jリーグ史上初となる3連覇(2007年 – 2009年)を達成し、2000年度にはJリーグ発足後初の国内三冠を達成したクラブです。

鹿島アントラーズ<