横浜FCユニフォーム2016発表!

2016シーズンに向けた横浜FCユニフォームを発表しました。今回のデザインは「エンブレムへの思い」というテーマで、クラブの象徴としてエンブレムに書かれたリボン、フェニックス、そして横浜FCクラブメンバーとともに、クラブの持続的な発展をイメージを伝えています。どんな時でも挑戦し続ける強い決心を表現しています。

83824361-f5af-4817-920e-c5c3bb811bec

アウェイは白を採用し、選手とともに戦うクラブメンバーの位置を表すメンバーロゴが内側に刻まられます。

GKユニフォームは、ホームはピンク、アウェイは緑です。ユニフォームスポンサーは、胸の「LEOC」、背中の「ジャパンエレベーターサービス」、袖の「NITTAI」がいずれも継続しています。

Jリーグマスコット総選挙

ゼロックス杯のハーフタイムに発表したJリーグマスコット総選挙2016の結果:

一位:ベガルタ仙台のベガッ太;

二位:FC東京の東京ドロンパ;

三位:サンフレッチェ広島のサンチェ。

今回のJリーグマスコット総選挙は4回目になりました。1回目は13年に行われた。そのとき制覇者はベガッ太で、今回、ベガッ太は史上初の2回目の“センターポジション”に立った。

2016年総選挙の結果は以下のようです。

1位:ベガッ太(仙台)

2位:東京ドロンパ(FC東京)

3位:サンチェ(広島)

4位:グランパスくん(名古屋)

5位:ドーレくん(札幌)

6位:ヴィヴィくん(長崎)

7位:ゼルビー(町田)

8位:マリノスケ(横浜FM)

9位:ディーオ(山形)

10位:ガンズくん(松本)

11位:GAMBA BOY(ガンバボーイ/G大阪)

12位:ヴァンくん(甲府)

13位:ふろん太(川崎F)

14位:パルちゃん(清水)

15位:しかお(鹿島)

16位:レイくん(柏)

17位:アルビくん(新潟)

18位:アルディ(大宮)

19位:ゲンゾー(金沢)

20位:キングベルⅠ世(湘南)

21位:モーヴィ(神戸)

22位:コトノちゃん(京都)

23位:ウィントス(鳥栖)

24位:ホーリーくん(水戸)

25位:ロアッソくん(熊本)

26位:アビーくん(福岡)

27位:ロビー(C大阪)

28位:ジェフィ(千葉)

29位:ジュビロくん(磐田)

30位:ミナモ(岐阜)

31位:オ~レくん(愛媛)

32位:ギラン(北九州)

33位:フリ丸(横浜FC)

34位:ヴォルタくん(徳島)

35位:ファジ丸(岡山)

36位:湯友(ゆうと/群馬)

37位:Jリーグキング(Jリーグ)

38位:ヴェルディ君(東京V)

39位:レディア(浦和)

長崎は選手を入れ替わる

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。

昨季は長崎は6位に入りJ1昇格プレーオフ進出を果たした。最終的には、福岡が昇格を勝ち取る。

1トップのい・ヨンジェ、上形洋介が退団し、代わりに永井龍とロドリゴが新たに加わった。彼らがいかに早くチームに馴染めるかが重要となるが、シャドーの梶川諒太らの奮起も求められる。そして、サイド攻撃にも磨きをかけたいところだ。

スーパーな選手がいるわけではないが、チーム全体が目指すサッカーを共有できており、集団としての強さが際立っている。高木監督の手腕は評価されるべきで、継続したチーム作りがしっかりと強化に結びついている。

昇格プレーオフを狙えるだけの力はあるが、一歩間違えれば下位に転落する危険もある。

 

Jリーグマスコット総選挙、21位~30位発表

Jリーグは2016年2月17日、「Jリーグマスコット総選挙」の21位~30位までを発表しました。

マスコット総選挙は、Jリーグ・J1・J2クラブのマスコットにより争われる人気投票。優勝者は20日に日産スタジアムで行われるFUJI XEROX SUPER CUP 2016のマスコット集合写真撮影で、センターポジションに立つ権利を獲得する。投票期間は1月26日12時から2月12日17時59分まで行われた。

マスコット総選挙は、Jリーグ・J1・J2クラブのマスコットにより人気投票です。優勝者は20日に日産スタジアムで行われる

順位発表は16日から始まり、今回は30位から21位まで。翌18日に20位から11位、19日に10位から4位までが公開され、試合当日の20日にトップ3が発表される。

発表された結果は以下のとおり。

■21位~30位

21位:モーヴィ(ヴィッセル神戸)

22位:コトノちゃん(京都サンガF.C.)

23位:ウィントス(サガン鳥栖)

24位:ホーリーくん(水戸ホーリーホック)

25位:ロアッソくん(ロアッソ熊本)

26位:アビーくん(アビスパ福岡)

27位:ロビー(セレッソ大阪)

28位:ジェフィ(ジェフユナイテッド千葉)

29位:ジュビロくん(ジュビロ磐田)

30位:ミナモ(FC岐阜)

 

■31位~39位

 

31位:オ~レくん(愛媛FC)

32位:ギラン(ギラヴァンツ北九州)

33位:フリ丸(横浜FC)

34位:ヴォルタくん(徳島ヴォルティス)

35位:ファジ丸(ファジアーノ岡山)

36位:湯友(ゆうと)(ザスパクサツ群馬)

37位:Jリーグキング(Jリーグ)

38位:ヴェルディ君(東京ヴェルディ)

39位:レディア(浦和レッズ)

2016Jリーグ選手名鑑がTOP3入り“蹴春到来”

2016年のJリーグシーズン開幕における『サッカーダイジェスト責任編集2016 J1&J2&J3選手名鑑』が週間.5万部を売り上げ、2/22付オリコン週間“本”ランキングの総合部門にあたるBOOK部門で3位を獲得しました。

同名鑑は、2008年4月に集計・発表開始の当ランキングに登場した“スポーツ選手名鑑”としては、同・昨年版の『~ 2015 J1&J2&J3選手名鑑』(2015年2月発売:最高4位/累積売上8.2万部)が2015/3/2付で記録した週間売上3.5万部を上回り、歴代最高の週間売上部数をマーク(※タイトルに「選手名鑑」とうたった作品より記録抽出)。“蹴春到来”を待ちわびるファンの期待の高まりをうかがわせた。

そのほかBOOK部門では『おやすみ、ロジャー魔法のぐっすり絵本』(著:カール=ヨハン・エリーン、監修:三橋美穂/2015年11月発売)が、先々週3.0万部→先週4.7万部→今週5.7万部と3週連続で同作最高週間売上部数を更新するとともに2週連続で首位となった。

浦和レッズのチーム発足歴史

浦和レッズは日本の埼玉県におけるプロサッカークラブで、Jリーグに加盟するクラブです。フルネームは浦和レッドダイヤモンズで、通常には浦和レッズと呼ばれています。チーム名の「ダイヤモンド」は最高の輝き、固い結束力という意味で名づけ、三菱グループのマークの浦和レッズは日本の埼玉県におけるプロサッカークラブで、Jリーグに加盟するクラブです。フルネームは浦和レッドダイヤモンズで、通常には浦和レッズと呼ばれています。チーム名の「ダイヤモンド」は最高の輝き、固い結束力という意味で名づけ、三菱グループのマークのスリーダイヤモンド・三菱自動車のイメージカラーである赤もモチーフとなっています。
浦和レッズは国内三大タイトルをすべて獲得しているクラブの一つです。獲得タイトル数(日本国内外)はJリーグ全加盟クラブ中6位で、営業収入と観客もJリーグの加盟クラブの中で一番多いです。
2015年、浦和レッズのチームスローガンはWE BELIEVE in REDS、ナビスコカップでは、準々決勝で、新潟と対戦し、1回戦は、0-5と大敗し、2回戦は3-0で勝利したものの、トータルスコアでは、3-5で敗れ、2年連続ベスト8で敗退とりました。一方で、天皇杯は、順調に相手を撃破し、9年ぶりの決勝進出を果たすものの、決勝のガンバ大阪との対戦では、先制を許した後、興梠のゴールで追いつき、1-1で前半を折り返しました。しかし、後半に勝ち越しを許し、1-2で敗れ、9年ぶりの優勝を果たせませんでした。
2016年、浦和レッズは鈴木啓太が引退、阪野豊史、茂木力也が愛媛、斎藤翔太が水戸、岡本拓也が湘南に期限付き移籍、山田直輝、矢島慎也の期限付き移籍期間が延長しました。
スリーダイヤモンド・三菱自動車のイメージカラーである赤もモチーフとなっています。
浦和レッズは国内三大タイトルをすべて獲得しているクラブの一つです。獲得タイトル数(日本国内外)はJリーグ全加盟クラブ中6位で、営業収入と観客もJリーグの加盟クラブの中で一番多いです。
2015年、浦和レッズのチームスローガンはWE BELIEVE in REDS、ナビスコカップでは、準々決勝で、新潟と対戦し、1回戦は、0-5と大敗し、2回戦は3-0で勝利したものの、トータルスコアでは、3-5で敗れ、2年連続ベスト8で敗退とりました。一方で、天皇杯は、順調に相手を撃破し、9年ぶりの決勝進出を果たすものの、決勝のガンバ大阪との対戦では、先制を許した後、興梠のゴールで追いつき、1-1で前半を折り返しました。しかし、後半に勝ち越しを許し、1-2で敗れ、9年ぶりの優勝を果たせませんでした。
2016年、浦和レッズは鈴木啓太が引退、阪野豊史、茂木力也が愛媛、斎藤翔太が水戸、岡本拓也が湘南に期限付き移籍、山田直輝、矢島慎也の期限付き移籍期間が延長しました。

日本プロサッカーリーグ—–Jリーグの発送歴史

Jリーグは日本プロサッカーリーグ(Japan Professional Football League)の略称です。公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグは主催団体を担当しています。主管団体はJリーグに加盟する各クラブです。

1993~1998年の6年間、Jリーグは1部のみのサッカーリーグとして最大で18クラブによって開催されました。2014年まで、J3リーグが創設されました。

J1リーグの年間最終順位上位原則3チームは、同年度の天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝チームとともに、翌年度のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を与えられます。しかも、アジア大会における日本のサッカークラブも参照となります。

Jリーグに加盟する条件には、経営状況、チーム運営状況、スタジアムなどの要素を考えて定められています。2013年シーズンよりJリーグに加盟可否・加盟可能なディビジョンについての判断を行う制度が更新された。

Jリーグのチーム名称は一般的には地域名称+愛称にしているため、発足早期は企業名称などは排除していましたが、1992年にチームはプロ化へ移行、準備の要素を考えて一部のチーム名称は企業名称を入れることを容認したこともあります。例えば、「三菱浦和レッドダイヤモンズ」(浦和レッドダイヤモンズ)や「読売ヴェルディ」(ヴェルディ川崎)なども報道で見られていました。